重曹と精製水で作るセルフピーリング剤

肌に透明感を出してくれるケアとして、ピーリングの効果は優れていますし、ニキビを解消するためのケアの一つです。
美容皮膚科などではケミカルピーリングを受けることができますが、何度も足を運ぶにはお金がかかりすぎます。
自宅でもっと気軽にできるセルフピーリングであれば、わずかな材料費用で簡単にピーリングケアが可能です。
セルフピーリング剤の作り方は、重曹と精製水が材料ですから、医療機関のような高額な費用はかかりません。
20代までの肌サイクルは、およそ28日周期で皮膚代謝が行われています。
正常な皮膚代謝の活動があることで、新しい皮膚細胞が皮膚の奥からあらわれて、古い角質もはがれやすくなり、常に肌は透明感がある状態です。
肌表面に古い角質が溜まりやすくなると、肌はくすみを生じた状態になります。
低コストで簡単なセルフケアとして、セルフピーリング剤はチャレンジの価値が高いです。
小さな容器に重曹を小さじに3杯と精製水を少々入れて、しっかりと混ぜて溶かしたら、洗顔後の肌に塗布します。
目元と口元は避けて塗布した状態で10分経過したら、十分にぬるま湯で洗い流して完了です。